民法(相続法)の改正 

サイト内検索ウェブサポ サポートページサイト管理画面

お知らせ

トップページ > お知らせ > 民法(相続法)の改正

2019年06月27日

改正前】遺留分に足りない額を請求されると、相手と合意できない場合、不動産が通族間で「共有」状態になってしまう。

2019年7月1日から最低限の取り分(遺留分)をお金で請求できる

2019年06月27日

自筆証番遺言を作る。

自筆証書遣言の財産目録はパソコンでも作成できるようになります。

2019年02月02日

配偶者居住権とは、「配偶者がその居住していた建物(居住建物)の全部について無償で使用及び収益をする権利」のことをいいます。

配偶者が配偶者居住権を取得する要件(第1項)

2018年07月09日

新固定資産税

特例の認定申請 自治体により6月上旬スタートも、認定支援機関への依頼等が必要

2017年06月05日

経営承継円滑化法 一部を「 除外合意 」の対象とし、 残りの一部を「 固定合意 」の対象とすることができる。

遺留分の算定に係る合意について後継者が旧代表者から贈与により取得した財産のうち、除外合意、固定合意のいずれについても「 全部又は一部 」

無料相談受付中!まずはお電話ください!

TEL:053-453-5363

受付時間 平日9:00〜18:00

無料相談受付中!お問い合わせはこちらから

TEL:053-453-5363

受付時間 平日9:00〜18:00

阪上事務所の強み顧問先の声ヒデキの部屋【外部】阪上会計【外部】