お知らせ  

サイト内検索ウェブサポ サポートページサイト管理画面

お知らせ

トップページ > お知らせ > お知らせ 

2019年08月04日

高齢化により変わる相続  相続に関する民法が大幅に改正されています。 高齢化社会の実態に合わせた見直しだ。

7月からは配偶者に生前贈与された自宅を相続対象から除いたり、介護に貢献した親族が金銭を請求したりすることができるようになる。

2019年08月03日

子や孫に教育資金をまとめて贈与した場合に贈与税が非課税になる制度の一部が見直された。どう変わったのでしようか。

祖父母や父母が孫や子に教育目的のお金を一括で贈与する場合、もらう側(受贈者)1人当たり1500万円までが非課税になる制度があります。

2019年06月27日

改正前】遺留分に足りない額を請求されると、相手と合意できない場合、不動産が通族間で「共有」状態になってしまう。

2019年7月1日から最低限の取り分(遺留分)をお金で請求できる

2019年06月27日

自筆証番遺言を作る。

自筆証書遣言の財産目録はパソコンでも作成できるようになります。

2019年03月25日

税制改正 純資産価額による株式評価の法人税額相当額=37%

法人実効税率が下がるのを踏まえて、28年4月1日以後に相続等した非上場株式等を純資産価額方式で評価するとき

2019年02月04日

税法改正 繰越欠損金に係る改正

5年→7年→9年( 23年度改正 )→10年( 28年度改正で29年度4月1日から始まる事業年度について)

2019年02月02日

配偶者居住権とは、「配偶者がその居住していた建物(居住建物)の全部について無償で使用及び収益をする権利」のことをいいます。

配偶者が配偶者居住権を取得する要件(第1項)

2018年07月09日

新固定資産税

特例の認定申請 自治体により6月上旬スタートも、認定支援機関への依頼等が必要

2018年06月09日

相続と所得税( 措置法)関係  「 空き家に係る譲渡所得の特別控除の特例 」

被相続人の居住用家屋やその敷地に係る譲渡益から3,000万円控除できる制度

2017年10月17日

29 税制改正 居住用超高層建築物、いわゆるタワーマンションに係る課税の見直しについて

同じ建物の中でも不動産市場では資産価値が違うことがありますので、それに固定 資産の評価も連動させるということ

2017年10月12日

賃貸アパート購入時の固定資産税等清算金は取得価額となり、必要経費算入は質疑応答で改めて明らかにされた。

固定資産税等清算金を買主側が売主側に支払うゲースがよくあります。

2017年10月11日

取引相場のない株式(出資)の評価額の見直し( 類似業種の株価) 〈 原則 〉は、課税時期の属する月以前3か月間の類似業種の株価のうち最も低いもので改正はありません。 

選択で ① 前年平均株価or ② 課税時期の属する月以前2年間平均株価上記のいずれか低い金額

2017年10月10日

分割交付される補助金等であっても圧縮記帳の対象になります

固定資産の取得後に国庫補助金等を分割交付された場合の圧縮記帳の取扱い:分割交付される補助金等であっても圧縮記帳の対象

2017年07月07日

29年度税法改正と類似業種株価表 

非上場会社の株価の算定方法の1つ類似業種比準方式と

2017年04月05日

相続税法改正案では、国内に住所はないが日本国籍を持つ相続人等に係る納税義務を見直し、

納税義務見直しは4月の相続等から国外財産を課税対象に含める対象期間

2016年05月06日

税法改正 受取配当金等の益金不算入→公社債投資信託以外の証券投資信託の全額益金算入

純粋な投資商品である点に着目され、全額益金算入とされた

2014年12月23日

本日ホームページをオープンいたしました!

阪上事務所のホームページをオープンいたしました

無料相談受付中!まずはお電話ください!

TEL:053-453-5363

受付時間 平日9:00〜18:00

無料相談受付中!お問い合わせはこちらから

TEL:053-453-5363

受付時間 平日9:00〜18:00

阪上事務所の強み顧問先の声ヒデキの部屋【外部】阪上会計【外部】