消費税法とインボイス 

サイト内検索ウェブサポ サポートページサイト管理画面

お知らせ

トップページ > お知らせ > 消費税法とインボイス

2022年08月04日

消費税とインボイス

買手と売手の両者がそれぞれ修正する対応は不可

2022年08月03日

インボイス制度

インボイスと書面・電子データ

2022年08月03日

消費税とインボイス

買手が交付を受けたインボイスに誤りがあることに気づいたときは、

2022年08月02日

新消費税法とインボイス制度

売手に修正インボイスの交付義務

2022年08月01日

インボイスの修正対応,

インボイス制度では、「 記載誤りがあるインボイスの保存では仕入税額控除を適用する」ことはできません。

2022年06月26日

消費税のインボイス対策 1

免税事業者が取り得る選択肢

2022年06月20日

電子インボイスの提供

2022年06月17日

新たに開業した個人事業者の特例

2022年06月16日

新設法人等の登録時期の特例

2022年03月29日

免税事業者となるための登録の取りやめ

 インボイス発行事業者が免税事業者になりたいときはどうすればいいですか。

2022年03月28日

免税事業者の登録手続:令和5年10月1日を含む課税期間中に登録を受けた場合は、

登録を受けた日から課税事業者となる経過措置が設けられています。

2022年03月28日

インボイス制度と消費税と簡易課税制度

簡易課税の選択も視野にいれて、令和5年の課税期間に簡易課税を適用するか検討できると思います。

2022年03月16日

簡易課税制度選択届出書の提出時期の特例:不動産賃貸業等のように、課税仕入れがほとんどない事業である場合には、簡易課税制度を選択することが有効と考えられます。

インボイス制度の開始に当たって、特例により、令和5年10月1日からインポイス発行事業者となる場合 おいて、

2022年03月15日

免税事業者の登録:免税事業者は、事業を継続するためには、課税事業者を選択する必要があるかどうか、検討しなければなりません。

免税事業者が登録をしていない場合、登録番号を記載したインボイスを交付することができません(新消法、インボイス通達)。

2022年03月02日

消費税とインボイス制度:インボイス制度開始から6年間の特例

激変緩和の趣旨から、インボイス制度において仕入税額控除 が認められない課税仕入れであっても、区分記載請求書等保存方式において仕入税額控除の対象となるものについては、

2022年03月01日

消費税とインボイス制度:売手が消費税の申告納税をしているかどうかを確認することなく、仕入税額控除をする区分記請求書等保存方式は、令和5年9月30日までで終了します。 

区分記載請求書等保存方式とインボイス制度との違い

2022年02月28日

消費税とインボイス制度と区分記載請求書

2022年02月28日

インボイス制度の概要

2022年02月24日

適格請求書等保存方式という名称のインボイス制度

インボイス制度は、事業者登録を基礎としています。

2021年10月14日

インボイス制度 免税事業者の登録手続

免税事業者が適格請求書発行事業者の登録を受けるためには、課税事業者を選択する必要があります。

無料相談受付中!まずはお電話ください!

TEL:053-453-5363

受付時間 平日9:00〜18:00

無料相談受付中!お問い合わせはこちらから

TEL:053-453-5363

受付時間 平日9:00〜18:00

阪上事務所の強み顧問先の声ヒデキの部屋【外部】阪上会計【外部】