相続・事業承継対策  

サイト内検索ウェブサポ サポートページサイト管理画面

お知らせ

トップページ > お知らせ > 相続・事業承継対策 

2020年08月21日

相続・事業承継対策:「 相続開始後では手遅れか? 」

 ●暦年贈与●相続時精算課税制度の選択適用 ●その他  

2020年08月14日

自社株の評価方法:財産評価基本通達によるための条件

所得税法で非上場株式を評価する場合に、所得税基本通達59-6で財産評価基本通達によるめには、四つの条件があります。

2020年04月27日

配偶者居住権の内容:民法相続編の改正によって配偶者居住権(民法1028条)が導入されました。

2020年04月23日

事業承継対策:遺留分減殺請求(旧正前の民法)が、遺留分侵害額の請求という制度に入れ替わりまた(民法1046条)。

遺留分侵害額の請求:民法的な理解は、

2020年03月09日

民法改正による遺留分侵害額請求権制度への転換に制度変更されたことで、税法改正にどのような影響が出るか。

課税庁は、実務上の考え方を大きく見直すことになる。民法相続編の改正規定の施行時期は、

2020年02月28日

相続人の中に被相続人から遺贈や生前贈与を受けた者がいる場合には、相続財産の前渡しと考え、それを相続財産に加えて相続分を計算し、相続人間の公平を図ろうと相続人間の公平を図る。

相続人の中に特別受益者がいる場合は、相続人の相続分は次の方法により計算されます。 

2020年02月24日

民法相続編の改正は、税理士の視点での理解し、考えてみますと

「 弁護士のように調停や裁判で争う相続ではなく、円満な相続を」思えて」

2019年05月07日

相続対策と信託  受益者の指定を変更する権利 次に誰を受益者にするかを、委託者以外の者にすることもできる信託

たとえば資産家が財産を信託して、とりあえず自分が第一受益者になります。

2019年04月15日

事業承継 譲渡制限株式の活用方法は 

自社株式が財産の大半であるため、事業承継者以外の相続人に自社株式の一部を相続させなければならない場合

2019年03月28日

相続対策  後継ぎ遺贈型受益者連続信託が活用される事例

① 妻との間に子のいない夫  ② 親が死亡したときは長男と二男が相続人である場合で、長男夫婦には子が無く、二男夫婦には子がいる ③ 後妻との間に子のいない夫

2019年03月26日

相続・事業承継対策 年齢・財産構成・家族構成・後継者の有無は

相続開始後では手遅れ?/ 暦年贈与 / 相続時精算課税制度の選択適用

2019年03月26日

事業承継と信託

後継ぎ遺贈型受益者連続信託が活用される事例

2019年03月25日

遺言代用の信託とは、委託者が受託者に財産を信託して、委託者自身を  自己生存中の受益者とし、自己の子・配偶者などを死亡後受益者

( 委託者の死亡を  始期として受益権または信託利益の給付を受ける権利を取得する受益者 )とすることによって、自己の死亡後における財産分配を信託によって達成しようとするものです。

2019年03月22日

保険と税 相続税型と所得税型ではどちらが有利か

リスクと対策: 「今すぐできる」リスクのない相続対策とリスクを「明確に」把握する対策

2019年03月20日

信託とは、不動産等の財産を信託にしておくと、信託会社の名義に変わります。信託契約にこういう目的でないと売却しないと明記しておけば、財産が保全されます。

信託という制度は、非常に使い勝手のよい制度だということがわかります。

2019年03月19日

家族信託は、第1に遺言代用の信託に関する規定を設けています。

遺言代用の信託とは、例えば、委託者が受託者に財産を信託して、委託者自身を自己生存中の受益者とし、

2019年03月19日

相続対策に活用できる信託とは  財産の保全  

信託とは本来、信託することにより財産の保全、つまり安全性の確保のための制度です。

2019年03月18日

信託を活用した相続対策 家族信託 遺言代用の信託

信託の委託者が信託行為(  信託契約、遺言  )によってその信頼できる人(  受託者 )に対して財産を移転し、

2019年03月15日

相続対策 後継ぎ遺贈型受益者連続信託が活用される事例 その他

1 株式会社を経営する父親→長男→次男 2 居住用不動産が主たる財産である夫→妻、妻(再婚)→子

2019年03月05日

事業承継 株式集中のリスク

株式をオーナー株主一人に集中させておけばいいかと言えば、それは、またリスクを背負います。

無料相談受付中!まずはお電話ください!

TEL:053-453-5363

受付時間 平日9:00〜18:00

無料相談受付中!お問い合わせはこちらから

TEL:053-453-5363

受付時間 平日9:00〜18:00

阪上事務所の強み顧問先の声ヒデキの部屋【外部】阪上会計【外部】