経営承継円滑法と特例納税猶予 

サイト内検索ウェブサポ サポートページサイト管理画面

お知らせ

トップページ > お知らせ >  経営承継円滑法と特例納税猶予

2019年02月12日

「特例承継計画」を提出せずに平成35年4月1日以後に贈与した場合

適用のための要件をすべて満たしていても、特例事業承継税制ではない一般事業承継 税制の適用となります。

2019年01月21日

特例認定承継会社になるには、資産保有型会社に該当しなよう。

資産保有型会社に該当すると非上場株式等の納税猶予制度の適用を受けることができません。

2019年01月21日

認定申請書を都道府県担当課に提出しなければなりません。

会社は贈与があった日の属する年の翌年1月15日までに都道府県知事の認定を受けるために都道府県庁を通じて確認書を添付して認定申請書を提出しなければなりま せん。

2019年01月14日

特例事業承継税制による贈与税の納税猶予の適用を受けるために贈与があるまでに しておかねばならないこと

① 代経営者は代表権を返上していること②後継者は役員就任後3年以上経過している代表者であること③特例経営承継受贈者は持株要件を維持していること④資産保有型会社又は資産運用型会社に該当していないこと

2019年01月14日

特例承継計画 添付書類 

認定申請書の提出に当たっては、次のような添付書類が必要となります。

2019年01月14日

先代経営者の要件  贈与における先代経営者の要件

代表権返上直後に贈与した場合は贈与直前のみでよい。

2019年01月14日

「特例承継計画」の提出前に先代経営者が死亡した場合

「特例承継計画」を提出しなかったとしても、平成30年1月1日から平成35年3月 31日までの期間に先代経営者が死亡した場合には、

2019年01月14日

特例事業承継税制 贈与税は暦年課税又は相続時精算課税

非上場株式を贈与されて特例事業承継税制の贈与税の納税猶予の適用を受けた場合

2019年01月14日

事業承継税制 3代目にも特例事業承継税制が適用できるのか

特例事業承継税制は平成35年3月31日までに経営革新等支援機関の指導・助言を受けて作成した特例承継計画について県知事の確認を受け、

2019年01月07日

相続等の場合の特例経営承継相続人等は次の要件を満たす必要があります。

①特定代表者であった被相続人の死亡の直前において役員であったこと。ただし被相続人が60歳未満であった時は役員でなくともよい

2019年01月07日

相続又は遺贈における先代経営者の要件

会社の代表者であったこと 直前に代表者であってもなくてもよい

2019年01月07日

納税猶予適用後5年以内に上場した場合には、

納税猶予は取り消され、猶予税額の全額と経過期間に対応する利子税を一括して納付しなければなりません。

2019年01月07日

「特例承継計画」提出後は平成39年12月31日までに贈与しなければ ならない

平成39年12月31日までに非上場株式等を特例後継者に贈与しなければ特例事業承継税制適用の権利を喪失す ることになります。

2019年01月07日

事業承継 3) 相続事後承継

遺産分割協議か死因贈与契約か

2019年01月05日

特例認定承継税制 特例事業承継税制による贈与税の納税猶予

株式を後継者に贈与して後継者が贈与税の特例納税猶予を受けるために必要な条件の概要 特例承継計画の都道府県庁に対する提出から始まります。

2019年01月05日

経営承継円滑化法 納税猶予

2018年12月28日

19年度税制改正大綱 個人版事業承継税制(相続税) 贈与により取得した特定事業用資産の課税価格に対応する贈与税の納税を猶予されます。 

贈与により取得した特定事業用資産の課税価格に対応する贈与税の納税が猶予される。

2018年09月28日

特例認定承継会社 税務メリットをとるために経営的には将来に遺恨を残すことが予想される経営上の問題点と事後の課題

実際はほとんど経営に関わっていなかった子供を代表者に入れて、その子供にも株を渡さなければいろいろな不都合があるという場面で、税務メリットがとれないからといった

2018年09月18日

特例認定承継会社:事業承継税制との適合性が高い会社とは、

事業承継税制との適合性がある会社は、社歴が古く、業績も安定的で、かつ2~3世代に渡り親族内で事業が承継されてきた会社であること。

2018年09月18日

特例認定承継会社 創業社長さんが突然亡くなられた。

会社の経営状態は非常によかったのですが、後継者が若く、まだ何も準備をしていないという状況だった。

無料相談受付中!まずはお電話ください!

TEL:053-453-5363

受付時間 平日9:00〜18:00

無料相談受付中!お問い合わせはこちらから

TEL:053-453-5363

受付時間 平日9:00〜18:00

阪上事務所の強み顧問先の声ヒデキの部屋【外部】阪上会計【外部】