お知らせ 

サイト内検索ウェブサポ サポートページサイト管理画面

お知らせ

2017年10月17日

29 税制改正 居住用超高層建築物、いわゆるタワーマンションに係る課税の見直しについて

同じ建物の中でも不動産市場では資産価値が違うことがありますので、それに固定 資産の評価も連動させるということ

2017年10月12日

賃貸アパート購入時の固定資産税等清算金は取得価額となり、必要経費算入は質疑応答で改めて明らかにされた。

固定資産税等清算金を買主側が売主側に支払うゲースがよくあります。

2017年10月11日

取引相場のない株式(出資)の評価額の見直し( 類似業種の株価) 〈 原則 〉は、課税時期の属する月以前3か月間の類似業種の株価のうち最も低いもので改正はありません。 

選択で ① 前年平均株価or ② 課税時期の属する月以前2年間平均株価上記のいずれか低い金額

2017年10月10日

分割交付される補助金等であっても圧縮記帳の対象になります

固定資産の取得後に国庫補助金等を分割交付された場合の圧縮記帳の取扱い:分割交付される補助金等であっても圧縮記帳の対象

2017年07月07日

29年度税法改正と類似業種株価表 

非上場会社の株価の算定方法の1つ類似業種比準方式と

2017年10月21日

事業承継 オーナー社長の会社に対する貸付金解消法 

役員貸付金の贈与:法人への貸付金は金銭債権であり、これを贈与することも可能。

2017年10月20日

29年度税法改正と承継税 3)贈与税の納税猶予の適用を受ける株式等について、相続時精算課税制度の適用が可能となります。

これにより、納税猶予が取り消されたときの納税額が相続税と同額となります。

2017年10月19日

事業承継税制 2)災害等で要件を満たさなくなった場合でも猶予を継続できるようセーフティーネット規定が創設されます。

雇用確保要件等について、災害による資産の被害が大きい会社、従業員の多くが属する事業所が被災した会社については免除、災害

2017年06月05日

経営承継円滑化法 「 除外合意 」や「 固定合意 」の対象となる株式を除いた後継者が所有する株式に係る議決権の数が、総株主の議決権の50%を超える場合、

除外合意や固定合意はできません( 経営承継円滑化法 4条1項但書 )。

2017年06月05日

経営承継円滑化法 一部を「 除外合意 」の対象とし、 残りの一部を「 固定合意 」の対象とすることができる。

遺留分の算定に係る合意について後継者が旧代表者から贈与により取得した財産のうち、除外合意、固定合意のいずれについても「 全部又は一部 」

2017年09月30日

事業承継 グループ法人税制→ 完全支配関係法人税制→ 一の者が個人である場合 も完全支配関係が成立すれば  

一の者が個人=株主等の親族 でも適用される場合があります。

2016年05月11日

グループ法人税制 100%グループ内(完全支配関係)の単体課税と連結納税の課税関係比較

項目 *上が[ 単 :単体課税 ]、下が[ 連 :連結納税 ]

2016年04月02日

グループ法人単体課税制度  事業上の関連はあまりなくても

兄と弟がそれぞれ別々の会社を支配しているときで、事業上の関連はあまりないというケース

2016年03月14日

グループ法人単体課税制度  個人が1つの法人を完全支配する関係

親族の範囲  ケース毎の検証、

2016年03月03日

グループ法人税制 特別の取引だけ適用されます

特定の資産を売買したとき & 寄付をしたとき 

2017年11月11日

事業承継対策 民法特例 固定特例

創業者である父から株式を生前贈与された息子の貢献によって、自社株式の価値が大きく上昇することがある。

2017年09月16日

組織再編 組織再編に関する相談

甲社からの相談:乙社のC部門を独立した1つの会社とする

2017年06月21日

事業承継 「 前社長の賛成がなければ、会社の株主総会決議事項または取締役会決議事項の全部または一部は決議できないように 」する。

 ことを目的としており、その目的に最も適するのは、「 拒否権付株式 」であります。

2017年06月12日

 事業譲渡は、契約により、会社の事業の全部または一部を他の会社に移転する手法である。

分割や合併、自然人の相続のように権利義務を包括的に承継するのに対し、事業譲渡は売買契約に基づく取引行為である。

2017年06月08日

合併は,ほとんどが吸収合併である。

主な理由は、吸収合併は、新設合併と比較して、① 登録免許税が安いから )、② 新設合併は、許認可の再取得等の点から

2017年10月10日

医療法改正 理事会の議事録について平成28年9月医療法改正

理事会議事録の形式と:書面によるほか、議事録作成者:電磁的記録、すなわちPDFなどの議事録も認められる/監事は理事会の出席義務があります

2016年12月28日

マイナンバー  消費税簡易課税制度選択届出書などへの個人番号の記載も不要に。

特定個人情報に該当する個人番号の管理や実務上の負担を軽減するため

2016年12月27日

マイナンバーと税務執行 特別徴収税額の通知時には個人番号不要/確定申告書控えにも記載されない仕組みに 

顧客から所得証明書類の提示を受ける事業者における”意図しない”マイナンバーの閲覧・収集リスクを回避。

2016年12月26日

マイナンバーと税務執行2  所得税の確定申告書の作成コーナー等で印字されるものにはマイナンバーは複写・印字されません。

個人( 従業員 )に配布される「特別徴収税額の決定・変更通知書( 納税義務者用 )」にはマイナンバーの記載欄がありません

2016年12月13日

マイナンバー制度 中小企業が取り扱う代表的な帳票について

2016年12月13日

源泉徴収等の業務と給与所得者の扶養控除等(異動)申告書

2017年11月15日

上手な自社株式対策を考えて実行しよう

必ず自社株式の評価をしてから贈与する

2017年11月15日

事業承継 自己株式を取得するメリットは何ですか。

臨時株主総会の決議で自己株式を取得することができます。

2015年12月27日

企業価値は株主同士が決めます。一にかかって ゜純資産です

では、純資産は、資産から負債(マイナスの資産)を引いたネット(純)の資産ですから、 これを会社の価値と考えていいでしょうか。少し違います。

2015年01月07日

デュアリングM&Aでは、それに携わる人たちが「幸せになるためにやっている」という発想を必ず心掛けるべきです。

「 いいものをきちんと真面目につくっていく会社を買収するとなれば、今、そこで働いている社長.役員.従業員が幸せになるような 」M&Aにする。

2017年10月12日

民法大改正 債権や契約など民法の中核部分の改正( 約120年ぶりの改正 )

公布の日から起算して3年を超えない範囲内において政令で定める日から施行

2015年07月13日

会社法制  〔質問〕 取締役会の開催方法  「 電話会議で済ませた 」

2017年05月24日

” 予期せぬ失敗は重大な警告 ”「 未来への決断 」( P.F.ドラッカー ) 

深刻に受け止めるべきである。

2017年02月20日

ドラッカー 小企業・中企業・大企業の分類基準一 「 規模は複雑さを決定し 」ます。

「 規模は複雑さを決定する 」 「 だが逆に、複雑さもまた規模を決定する 」 

2016年07月09日

コストの計算から成果の管理へ  ドラッカー「 明日を支配するもの 」ダイヤモンド社刊より

 「 競争上および収益上意味をもつコストは、プロセス全体のコストである。」 

2016年05月02日

「 取締役会だが、トップ・マネジメントには同時に、だれか相談相手が必要である。」ドラッカー

「 社内にいるものはだれでもつねに、トップ・マネジメントから何かを得たがっている。」ドラッカー

2016年04月18日

ヒデキの部屋2  だれを取締役にするか ドラッカー

『 取締役会から元上級経営者を締め出すのは、…

2017年10月28日

事業部制:「 ○○事業部門を存続させるか廃止するか。」 事業部門別損益計算に当たって各事業部の全社に対する貢献度をどのように評価するか。

[ 貢献利益=限界利益(売上高-変動費)-個別固定費 ]と 配賦される共通固定費がべつにある。

2017年09月06日

純資産の会計  利益配当について、合同会社と有限責任事業組合のそれぞれの場合

合同会社は、配当日の利益額を超える場合には、利益配当をすることができません( 会社法第628条 )

2017年08月18日

経営分析  インタレスト・カバレッジ・レシオとは、債務償還能力を測ります。

 インタレスト・カバレッジ・レシオとは、借入金等の利息の支払能力を測るための財務指標であり、

2017年08月01日

長期経営計画の必要性2 

長期経営計画の問題点2

2016年12月10日

ドラッカー サービス業における成果  原価計算の成果が最もよく現れるのはサービス業である

なぜこれまでの原価計算がサービス業では役にたた

2015年12月28日

キャッシュフロー計算書導入

 キャッシュフローを経営の中で活かして、どう企業価値を向上していくかについて

2017年08月10日

長期経営計画の必要性 「 企業は規模を拡大するにつれ、生産の効率化や事業領域の調整、資金繰りや設備投資などあらゆる事業活動を計画的に進めることが重要になります。」

長期経営計画にはいくつか重要な問題点が指摘されています。

2017年07月24日

経営計画  企業が目標を達成するためには経営計画の立案が必要となります。

計画がないと、どこに向かって進むのかや、今どれだけ進んだかの把握ができないためです。

2017年09月23日

国際税務 消費税  国外事業者と取引を行っている事業者

国外から輸入する貨物にはその輸入時点で消費税を課税する国境税調整が行われます。

2017年09月21日

国際税務 消費税2 輸出免税の適用上の非居住者とは、

本邦内に住所又は居所を有する自然人及び本邦内に主たる事務所を有する法人を居住者とし、

2017年09月16日

合同会社 有限責任制の人的会社制度として、会社法に合同会社制度が創設されている。

合同会社、有限責任事業組合のどちらも、その会社または組合に5年以内の計算書類または財務諸表の閲覧できる

2017年09月08日

中小企業等経営強化法に基づく税制措置

【固定資産税の特例】【中小企業経営強化税制】【中小企業投資促進税制(中促)】  

2017年09月04日

中小企業経営強化税制の創設  サービス産業  の生産性の向上を図るため、サービス産業も含めた中小企業が行う生産性の向上につながる設備投資への支援を拡充する

「中小事業者の『攻めの投資』を後押しするとともにわが国のサービス産業の生産性の向上を図るため、

2016年02月15日

グループ法人税制  中小の同族企業の相続対策にはあまり考慮されていないなという感じはします。

連結納税制度との比較 グループ法人税制は単体課税だといわれ、強制適用されます。

無料相談受付中!まずはお電話ください!

TEL:053-453-5363

受付時間 平日9:00〜18:00

無料相談受付中!お問い合わせはこちらから

TEL:053-453-5363

受付時間 平日9:00〜18:00

阪上事務所の強み顧問先の声ヒデキの部屋【外部】阪上会計【外部】