中小企業経営・政策 

サイト内検索ウェブサポ サポートページサイト管理画面

お知らせ

トップページ > お知らせ > 中小企業経営・政策

2020年03月27日

中小企業経営力強化法における「 新事業活動 」とは

低利融資や信用保証の別枠化などの支援策を用意して、これらの取組を図っている。

2020年03月27日

中小企業経営力強化法は、中小企業の生産性の向上(経営力向上)を支援することを目指しています。

その同法の「創業支援」の対象者は、創業しようとしている個人と創業5年未満となっています。

2019年09月08日

中小企業経営力強化法 固定資産税の特例 リースの場合

所有権移転外リースの場合、所有権移転リースの場合

2018年09月20日

国際税務 消費税1 輸出免税等の対象

輸出取引等の範囲

2017年09月23日

国際税務 消費税  国外事業者と取引を行っている事業者

国外から輸入する貨物にはその輸入時点で消費税を課税する国境税調整が行われます。

2017年09月21日

国際税務 消費税2 輸出免税の適用上の非居住者とは、

本邦内に住所又は居所を有する自然人及び本邦内に主たる事務所を有する法人を居住者とし、

2017年09月16日

合同会社 有限責任制の人的会社制度として、会社法に合同会社制度が創設されている。

合同会社、有限責任事業組合のどちらも、その会社または組合に5年以内の計算書類または財務諸表の閲覧できる

2017年09月08日

中小企業等経営強化法に基づく税制措置

【固定資産税の特例】【中小企業経営強化税制】【中小企業投資促進税制(中促)】  

2017年09月04日

中小企業経営強化税制の創設  サービス産業  の生産性の向上を図るため、サービス産業も含めた中小企業が行う生産性の向上につながる設備投資への支援を拡充する

「中小事業者の『攻めの投資』を後押しするとともにわが国のサービス産業の生産性の向上を図るため、

2017年07月19日

経営革新計画が都道府県知事などから承認された場合、低利融資などの支援措置を申し込むことができます( 別途審査あり )。

経営革新計画の承認基準には、付加価値額の伸び率と経常利益の伸び率があり、計画年数によって両方の指標が一定率伸びる必要があります。

2017年07月18日

中小企業経営力強化法における創業支援

同法の創業支援の対象者として主に2つある。

2017年07月18日

中小企業経営力強化法における「 新事業活動 」とは

同経営強化法は、次に掲げる「 新事業活動 」を支援する。

2017年07月18日

中小企業経営力強化法は従来の支援策を引き継ぎつつ、生産性の向上( 経営力向上 )を支援することを目指している。

同法では「 新事業活動 」を4つに定義している。

2017年06月02日

29 税制改正 機械装置の固定資産税の特例を拡充:

中小企業が新品の機械装置を取得した場合に、固定資産税の課税標準を3年間2分の1にする特例が拡充されます。

2017年05月22日

中小企業経営強化税制、適用を開始,対象設備等も見直し~

中小企業等経営強化法が2016年7月1日に施行されたが、同法の施行に伴い、平成28年度税制改正で手当てされた固定資産税による設備投資減税の適用が開始した。

2017年04月05日

中小企業新事業活動促進法( 経営革新 ): 経営革新計画の承認基準

計画終了時 → 「 付加価値額 」または 「 1人当たりの付加価値額 の伸び率 」と 「 経常利益 」の伸び率

無料相談受付中!まずはお電話ください!

TEL:053-453-5363

受付時間 平日9:00〜18:00

無料相談受付中!お問い合わせはこちらから

TEL:053-453-5363

受付時間 平日9:00〜18:00

阪上事務所の強み顧問先の声ヒデキの部屋【外部】阪上会計【外部】