M&Aと事業承継 

サイト内検索ウェブサポ サポートページサイト管理画面

お知らせ

トップページ > お知らせ > M&Aと事業承継

2019年10月22日

株式譲渡とは、被買収会社株式を買収会社に譲渡し、対価として現金預金を取得する手法である。

株式譲渡を行った場合には、被買収会社の法人格をそのまま引き継ぐことから、被買収会社のすべての権利義務をそのまま買収会社が取得することになる。

2019年10月10日

事業承継M&A:① 株式を譲渡する手法 ② 事業を譲渡する手法

このうち、①株式を譲渡する手法として、株式讓渡、株式交換及び株式移転が挙げられる ② 事業を譲渡する手法として、事業譲渡、会社分割及び吸収合併が挙げられる

2019年08月01日

M&A 企業価値=株主および債権者にとっての価値

株主への配当や債権者への利払い等の原資になるのは、正味キャッシュフローは(営業利益×(1一実効税率)+減価償却費)から投資等によるキャッシュアウトを控除した後の額である。

2019年07月12日

M&Aにおける株式価値と相続税評価額における評価の違い

コストアプローチと インカムアプローチ

2019年05月13日

M&A 「相対の株価折衝」は株主(経営者)同士が行う 、折衝は経営者でなければできません。  

「 会社の中にいる一社員であっても、その人間は会社を経営している」のです。

2019年04月22日

M&A 買収を直接申し込むことも

「 自分の会社と一緒になって大きな果実を生み出す会社かどうかがわかるのは、経営者です。」 

2019年04月05日

M&A 買収後のヒト・モノ・カネの問題

弁護士事務所や監査法人が行っている仕事は全部デュアリングM&Aです。

2019年03月28日

M&Aと事業承継 買収後の事業をスムーズに行うために

「M&A」の「M」は「マージャー」で「合併」です。

2019年02月14日

M&A  純資産の時価は、今、会社が持っている資産をすべて売り払って、負債をすべて返してしまったと考えたとき残る金額に近くなります。

純資産の時価にプラス(あるいはマイナス)されるのが、プラス・マイナスの「のれん」です。

2019年02月12日

M&A  デュー・ディリジェンスが大事です。 デュー・ディリジェンス( Due Diligence)を把握=詳細調査)

帳簿上の「純資産」をきちんと把握する.

2019年02月04日

M&A 「のれん」とは何か? M&Aが行われるとき、買収される側の会社(被買収会社)が純資産の時価評価金額よりも高い買収額がつけられることがあります.。

この時価純資産を上回った部分の金額を「のれん」と言います。この「のれん」に金額がつけられての交渉が行きかいます。

2019年02月01日

M&A 事業を行っている「 企業体の価値を表わした株式価格で、事業の売買 」が行われます。

A 将来を考えて手ばなさない。 B 将来を考えて手ばなす。

2019年01月28日

デュアリングM&A、最大は人の問題 有能な経営者・従業員に留まってもらうために

M&Aというとすぐに、「デュアリングM&A」(買収の折衝過程)を思い浮かべる人が多いと思います。友好的買収であっても、デュアリングの問に厳しい折衝が行われます。

2019年01月28日

M&A 帳簿上の「純資産」をきちんと把握する。「デュー・ディリジェンス」(詳細調査)とは。

買収のときに、はたして本当に資産があるのか、果たして負債はこんなに少なくていいのか。資産と負債が正しいかどうか。

2019年01月21日

M&Aとは、企業価値は株主同士が決める。会計上、決算書上での会社の財産をあらわすのは、資産の合計(総資産)です。

そして、その価値を分け合うのが、債権者(負債)と株主(純資産)です。つまり、純資産は株主の持ち分という意味もあります。

2019年01月21日

デュアリングM&Aでは、買収したほう(買収企業)も、買収されたほう(被買収企業)も、買収したあと、それに携わる人たちが「幸せになるためにやっている」という発想を必ず心掛けたい。

「そこで働いている社長.役員.従業員が幸せになるような、いになって辞めないような、しかも、経営に参画する意識が高揚して働いていけるようなM&Aにしなければなりません。」(金児)

2019年01月21日

M&A(合併・買収)は、会社を買って支配することです。 純資産は売買価額の元の元 その価格の元の元になるのが「純資産」です。

会社を買って一緒にするのがが合併で、会社を買って子会社にするのが買収です。ですから本質的には二つとも同じです。

2019年01月15日

M&A 財産をあらわすのは、資産の合計(総資産)です。

そして、その価値を分け合うのが、債権者(負債)と株主(純資産)です。

2019年01月15日

M&Aとは、純資産の簿価から入って、時価を考え、ブランドの価値とか、従業員や経営者や顧客などの人間の価値とか、純資産は簿価では売買されませんが、

結局、M&Aで売買するのは「純資産」の人気も含めた売買価値です。

2019年01月15日

M&A M&Aは「 純資産の売買 」である

純資産は売買価額の元の元  M&A(合併・買収)は、会社を買って支配することです。

無料相談受付中!まずはお電話ください!

TEL:053-453-5363

受付時間 平日9:00〜18:00

無料相談受付中!お問い合わせはこちらから

TEL:053-453-5363

受付時間 平日9:00〜18:00

阪上事務所の強み顧問先の声ヒデキの部屋【外部】阪上会計【外部】