信託の具体的活用方法:〇親族の財産を、代わりに管理〇遺言書の作成〇贈与を検討〇無議決権株式の発行 

サイト内検索ウェブサポ サポートページサイト管理画面

お知らせ

トップページ > お知らせ > 信託を活用した相続・贈与 > 信託の具体的活用方法:〇親族の財産を、代わりに管理〇遺言書の作成〇贈与を検...

信託を活用した相続・贈与

信託の具体的活用方法:〇親族の財産を、代わりに管理〇遺言書の作成〇贈与を検討〇無議決権株式の発行
 〇親族の財産を、代わりに管理したい場合

〇遺言書の作成を検討している場合

 ・財産を確実に相続させること

  
 ・自分が亡くなった後に発生する自分の相続人の相続まで(30年先まで)指定すること
 
〇贈与を検討している場合

 ・贈与後に、受贈者が贈与財産を無駄遣いできないように、贈与者が引き続き贈与財産を

  管理すること

〇無議決権株式の発行を検討している場合


 ・株式に係る権利を株式の議決権を有する者(受託者)と受益者とに分けること

        ( 4訂版 信託を活用した新しい相続・贈与  笹島修平 著 一般財団法人 大蔵財務協会 を参照 )


  • POSTED at 2019年10月10日 (木)

無料相談受付中!まずはお電話ください!

TEL:053-453-5363

受付時間 平日9:00〜18:00

無料相談受付中!お問い合わせはこちらから

TEL:053-453-5363

受付時間 平日9:00〜18:00

阪上事務所の強み顧問先の声ヒデキの部屋【外部】阪上会計【外部】