デュアリングM&Aでは、それに携わる人たちが「幸せになるためにやっている」という発想を必ず心掛けるべきです。 

サイト内検索ウェブサポ サポートページサイト管理画面

お知らせ

トップページ > お知らせ > M&Aと事業承継 > デュアリングM&Aでは、それに携わる人たちが「幸せになるためにやっている」...

M&Aと事業承継

デュアリングM&Aでは、それに携わる人たちが「幸せになるためにやっている」という発想を必ず心掛けるべきです。

「 いいものをきちんと真面目につくっていく会社を買収するとなれば、今、そこで働いている社長.役員.従業員が幸せになるような 」M&Aにする。

  「 買収されたほう」の従業員「 いやになって辞めないような 」M&Aにする。
 
 ところが、「 敵対的買収 」みたいなことになるとなると、「これらの人たちを雑草

 のごとく踏みしだいて会社を買収します。」 そこでは、「 人間のことなど全く頭にあ

 りません。お金で買ってしまえばいい、前の人たちは辞めさせて、われわれが経営すれば

 いい、というのではとった行動を」疑問に思います。

 「 それでは世の中がよくなることはないでしょう。」

 「 非・敵対的M&A、または友好的M&Aを大切に 」すべきです。それだけに、


 「アフターM&Aに力点を置いたデュアリングM&A」を「大事にしていただきたい

  」と思うのです。


  • POSTED at 2015年01月07日 (水)

無料相談受付中!まずはお電話ください!

TEL:053-453-5363

受付時間 平日9:00〜18:00

無料相談受付中!お問い合わせはこちらから

TEL:053-453-5363

受付時間 平日9:00〜18:00

阪上事務所の強み顧問先の声ヒデキの部屋【外部】阪上会計【外部】