事業承継対策 個人財産と事業用資産が承継者に対する区別できていますか 

サイト内検索ウェブサポ サポートページサイト管理画面

お知らせ

トップページ > お知らせ > 相続・事業承継対策  > 事業承継対策個人財産と事業用資産が承継者に対する区別できていますか

相続・事業承継対策 

事業承継対策 個人財産と事業用資産が承継者に対する区別できていますか

事業承継の課題のひとつに、個人財産と事業用資産が区別できていないという問題があります。

  「 本社の敷地は社長の個人資産(例えば、先祖伝来の資産)というように、中小企業では

 .個人資産と事業用資産が一体化している例が多いため、誰に承継する場合でも承継前

 にその解決が求められます。従業員承継M&Aの場合は解決すべき必須の課題

 といっても過言ではありません。」


  個人が所有する事業用資産を法人に移転する方法としては、主に譲渡、

  現物出資、贈与の3手法です


  • POSTED at 2018年11月16日 (金)

無料相談受付中!まずはお電話ください!

TEL:053-453-5363

受付時間 平日9:00〜18:00

無料相談受付中!お問い合わせはこちらから

TEL:053-453-5363

受付時間 平日9:00〜18:00

阪上事務所の強み顧問先の声ヒデキの部屋【外部】阪上会計【外部】