税法改正 小規模宅地:家なき子の節税は注意しましょう 

サイト内検索ウェブサポ サポートページサイト管理画面

お知らせ

トップページ > お知らせ > その他の税務問題、トラブル集 > 税法改正小規模宅地:家なき子の節税は注意しましょう

その他の税務問題、トラブル集

税法改正 小規模宅地:家なき子の節税は注意しましょう

同居する子供や孫に居宅を贈与して、家なき子になることや、同族法人に売却して社宅として住み続けるなどの手法が通じなくなりました。

 (参考:『相続するなら…「家なき子」だからできる節税土地の評価8割減'実際は「親族」対象』

 日本経済新聞朝刊2014年12月10日付)。また、小規模宅地特例の適用は相続人に限定されていない

 ことから、祖父母の居宅を孫(家なき子)に遺贈するといったことも実行されています。

 そこで、節税防止のための改正が行われます。次の者は家なき子に該当し

 ません


 イ 相続開始前3年以内に、その者の3親等内の親族又はその者と特別の関係のあ


  法人が所有
する国内にある家屋に居住したことがある者


 ロ  相続開始時において居住の用に供していた家屋を過去に所有していたことがある者



   このイとロで、節税策を封じています。
 

    3親等内親族というのは、実務的には厳しすぎとの意見があります。


  次の事例
は、家なき子として認められますか?
 
  事例1 地方に住んでいた長男が、大学に通うために、東京の叔父さんの家に下宿させてもら

  っていた時に、地方の実家の親の相続が起きると、長男は家なき子特例が使えますか?

  

  事例2 
叔父が保有する海外マンションに下宿している海外留学中の長男は、家なき子になりますか?
 


  • POSTED at 2018年08月01日 (水)

無料相談受付中!まずはお電話ください!

TEL:053-453-5363

受付時間 平日9:00〜18:00

無料相談受付中!お問い合わせはこちらから

TEL:053-453-5363

受付時間 平日9:00〜18:00

阪上事務所の強み顧問先の声ヒデキの部屋【外部】阪上会計【外部】