事業承継税制 特例承継計画をしっかりと紙にするということは、かなり重要なことです。 

サイト内検索ウェブサポ サポートページサイト管理画面

お知らせ

トップページ > お知らせ >  経営承継円滑法と特例納税猶予 > 事業承継税制特例承継計画をしっかりと紙にするということは、かなり重要なこと...

経営承継円滑法と特例納税猶予

事業承継税制 特例承継計画をしっかりと紙にするということは、かなり重要なことです。

後継者の指名はさまざま、関係者に影響があると思います。


  例えば金融機関取引先従業員との関係も考慮する

 必要があります。

  記載する文章自体はそんなに多くはないですが、承継後5年

 も先の経営計画を簡単には見通せませんから


  後継者と一緒に自社の方針を策定するということが

 重要だと思います。

 
  関係先は、取引先や金融機関が含まれますが、重要な人といえば、

 やはり事業を承継する先代経営者と次の後継者ですね。

 これはじっくり話し合いをもちたいとおもいます。


  • POSTED at 2018年09月14日 (金)

無料相談受付中!まずはお電話ください!

TEL:053-453-5363

受付時間 平日9:00〜18:00

無料相談受付中!お問い合わせはこちらから

TEL:053-453-5363

受付時間 平日9:00〜18:00

阪上事務所の強み顧問先の声ヒデキの部屋【外部】阪上会計【外部】