30年度 税制改正 事業承継税制の特例 事業承継税制の特例 特例措置によって、相続人(推定相続人)・孫以外に相続時精算課税の適用対象となった。 

サイト内検索ウェブサポ サポートページサイト管理画面

お知らせ

トップページ > お知らせ > 相続・事業承継対策  > 30年度 税制改正 事業承継税制の特例 事業承継税制の特例特例措置によって...

相続・事業承継対策 

30年度 税制改正 事業承継税制の特例 事業承継税制の特例 特例措置によって、相続人(推定相続人)・孫以外に相続時精算課税の適用対象となった。

平成30年度税制改正では、事業承継税制の特例(特例措置)の利用の観点から、相続時精算課税適用者の特例が拡充された(措法70の2の7等)。

  特例措置によって、相続人(推定相続人)・孫以外に相続時精算課税の適用対象となった。
 
  ただ、相続人又は孫以外の親族外後継者が相続時精算課税の適用を受ける場合にも、従来

  どおり贈与税の開示請求制度の対象となるので、特例贈与者が非上場株式等を贈

  与する場合は、相続税の申告時など"出口"を見据えておきたい。
 
   なお、 29年度改正では贈与者の推定相続人である直系卑属又は孫については、

  相続時精算
課税を併用できるようになった(措法70の2の6)。


  • POSTED at 2018年08月17日 (金)

無料相談受付中!まずはお電話ください!

TEL:053-453-5363

受付時間 平日9:00〜18:00

無料相談受付中!お問い合わせはこちらから

TEL:053-453-5363

受付時間 平日9:00〜18:00

阪上事務所の強み顧問先の声ヒデキの部屋【外部】阪上会計【外部】