税法改正:小規模宅地 節税封止相続開始時点で居住していなければ逃れてしまいます。 

サイト内検索ウェブサポ サポートページサイト管理画面

お知らせ

トップページ > お知らせ > その他の税務問題、トラブル集 > 税法改正:小規模宅地節税封止相続開始時点で居住していなければ逃れてしまいま...

その他の税務問題、トラブル集

税法改正:小規模宅地 節税封止相続開始時点で居住していなければ逃れてしまいます。

いわゆる家なき子特例の改正です。

 家なき子特例の趣旨は、一人暮らしの被相続人の居宅を、持ち家がない親族(家なき子)が

  相続
すれば330㎡について80%の減額が受けられるようにして、空き家になった実家を税制面から

 保護することです。同居人が相続する場合(同居親族の特例)と同等の優遇が設けられています(措法)。

 
 持ち家を所有しない相続人が将来戻るべき実家(空き家)の保護ですね。


 
 


  • POSTED at 2018年08月01日 (水)

無料相談受付中!まずはお電話ください!

TEL:053-453-5363

受付時間 平日9:00〜18:00

無料相談受付中!お問い合わせはこちらから

TEL:053-453-5363

受付時間 平日9:00〜18:00

阪上事務所の強み顧問先の声ヒデキの部屋【外部】阪上会計【外部】