30年度税制改正 家なき子特例の改正、節税防止のための改正が行われます。 

サイト内検索ウェブサポ サポートページサイト管理画面

お知らせ

トップページ > お知らせ > その他の税務問題、トラブル集 > 30年度税制改正家なき子特例の改正、節税防止のための改正が行われます。

その他の税務問題、トラブル集

30年度税制改正 家なき子特例の改正、節税防止のための改正が行われます。

家なき子特例の趣旨は、一人暮らしの親(被相続人)の自宅を、持ち家がない親族( 家なき子 )が相続すれば、330㎡ついて80%の減額 が受けられる。


   空き家になった実家を税制面から保護すること.です。同居人が相続する場合

 ( 同居親族の特例 )と同等の優遇が設けられます(措法)。

  持ち家を所有しない相続人が将来戻るべき実家(空き家)の保護で

  すね。


  ただ、家なき子になるのは、相続開始前3年の間、.相続人に持ち

 家がなければOKです。

 もともと、取得者( 相続人 )の配偶者の持ち家は取得者の持ち家同様との規制

 がされています.。そこで、「 同居する子供や孫に居宅を贈与して、家なき子に

 なることや、同族法人に売却して社宅として住み続けるなどの手法が抜.け道とな

 っていました。
 
  小規模宅地特例の適用は相続人に限定されていないことから、「 祖父母の居宅

 を孫( 家なき 子)に遺贈するといったことも実行されています。」

 そこで、

次の者は家なき子に該当しません。

イ 相続開始前3年以内に、その者の3親等内の親族又はその者と特別の関係のあ

  る法人が所有する国内にある家屋に居住したことがある者

ロ 相続開始時において居住の用に供していた家屋を過去に所有していたことがあ

  る者

  貸付用不動産は、居住用不動産や事業用不動産に比しで制約が少ないこ

 とから
.購入しやすく売却もしやすい。


  相続開始前3年以内に貸付けを開始した不動産については、小規模宅地の特例の

 対象から除外(ただし、事業的規模で貸付けを行っている場合を

 除く
)


  • POSTED at 2018年03月03日 (土)

無料相談受付中!まずはお電話ください!

TEL:053-453-5363

受付時間 平日9:00〜18:00

無料相談受付中!お問い合わせはこちらから

TEL:053-453-5363

受付時間 平日9:00〜18:00

阪上事務所の強み顧問先の声ヒデキの部屋【外部】阪上会計【外部】