事業部制:「 ○○事業部門を存続させるか廃止するか。」 事業部門別損益計算に当たって各事業部の全社に対する貢献度をどのように評価するか。 

サイト内検索ウェブサポ サポートページサイト管理画面

お知らせ

トップページ > お知らせ > 企業財務(コーポレートファイナンス) > 事業部制:「○○事業部門を存続させるか廃止するか。」事業部門別損益計算に当...

企業財務(コーポレートファイナンス)

事業部制:「 ○○事業部門を存続させるか廃止するか。」 事業部門別損益計算に当たって各事業部の全社に対する貢献度をどのように評価するか。

[ 貢献利益=限界利益(売上高-変動費)-個別固定費 ]と 配賦される共通固定費がべつにある。

  個別固定費とは.固定費のうち、その部門に直接関連して発生するものである。

    これに対して、全部門に共通して発生し、何らかの合理的な基準で各部門に

 
配賦される共通固定費がある。ある事業部門を存続させるか廃止するかとい

 う意思決定を行う場合には、その事業部門による企業全体の純利益への貢献度

 の有無、すなわち、変動費と個別固定費を回収した後に、共通固定費の回収に

 貢献するだけの利益を獲得しているかどうかで判断する必要がある。したがっ

 て、貢献利益概念が、判断指標として用いられる。
 


  • POSTED at 2017年10月28日 (土)

無料相談受付中!まずはお電話ください!

TEL:053-453-5363

受付時間 平日9:00〜18:00

無料相談受付中!お問い合わせはこちらから

TEL:053-453-5363

受付時間 平日9:00〜18:00

阪上事務所の強み顧問先の声ヒデキの部屋【外部】阪上会計【外部】