組織再編 組織再編に関する相談 

サイト内検索ウェブサポ サポートページサイト管理画面

お知らせ

トップページ > お知らせ > 相続・事業承継対策  > 組織再編 組織再編に関する相談

相続・事業承継対策 

組織再編 組織再編に関する相談

甲社からの相談:乙社のC部門を独立した1つの会社とする


  
【相談内容】

 
 甲社では、A社(100パーセント子会社)
 
 
一方、乙社のC部門の事業は、A社の事業と同じである。

 
 甲社としては、乙社のC部門を譲り受けたい。


 譲り受けるにあたっては、A社と乙社では、従業員の

 処遇に違いがあることから、C部門をそのまま切り出

 して、直接1つの独立した会社とした後に、その株式を

 譲り受け、A社と同様に.甲社の100パーセント子会社と

 することとしたい。


  
  乙社→C部門  →そのまま切り出して、直接1つの
         
         独立した会社とした後にその株式を譲

         り受け、A社と同
様に.甲の100パー

         セント子会社とすることとしたい。


 提案
 
  「 新設分割が適している。」
   
  新設分割とは、事業の全部または一部を、分割する会社が新たに設立し

  た会社に承継させる手法をいう。複数の事業部門を持つ会社が各事業部

  を分社化して経営の効率化を図る場合などに利用される。

  

 2)今回の場合、収合併は、不適切である。

  
   吸収合併とは、1つの会社が存続会社となり、他の一方の

   会社の権利義務を包括的に承継し、承継させた会社は清算

   手続を経ずに解散する手法をいう。

   本要望では.「乙社のC部門だけを譲り受ける」ということ

   で要望に合致しない。
 
3) 「 事業譲渡 」もやはり不適切である。
   
   事業譲渡とは、会社ごと売買するのではなく、必要な事業に

   関連する資産・負債のみを売買する手法をいうから買い手側

   の企業にとっては、必要な資産のみを譲り受けることができ

   るというメリットがある。本要望は、には「 C部門をその

   まま切り出し、直接1つの独立した会社とする」という要望と

   合致しない。

  
 
 
 


  • POSTED at 2017年09月16日 (土)

無料相談受付中!まずはお電話ください!

TEL:053-453-5363

受付時間 平日9:00〜18:00

無料相談受付中!お問い合わせはこちらから

TEL:053-453-5363

受付時間 平日9:00〜18:00

阪上事務所の強み顧問先の声ヒデキの部屋【外部】阪上会計【外部】