中小企業経営力強化法は従来の支援策を引き継ぎつつ、生産性の向上( 経営力向上 )を支援することを目指している。 

サイト内検索ウェブサポ サポートページサイト管理画面

お知らせ

トップページ > お知らせ > 中小企業経営・政策 > 中小企業経営力強化法は従来の支援策を引き継ぎつつ、生産性の向上( 経営力向...

中小企業経営・政策

中小企業経営力強化法は従来の支援策を引き継ぎつつ、生産性の向上( 経営力向上 )を支援することを目指している。

同法では「 新事業活動 」を4つに定義している。

     同法の「創業支援」の対象者は、創業しようとしている個人と創業5年未満

 の中小企業者である。


  同経営強化法は、平成28年( 2016年 )に、中小企業新事業活動促進法

 が改正されてできた法律である。中小企業基本法の基本方針である「 経営の革

 新及び創業の促進 」を進めるための代表的な支援法である。

 
  中小企業等経営強化法では、主な支援策として4つの分類を掲げている。


   1  創業


   2  経営革新


   3  新連携


   4  生産性向上
 
  ただし、過去には主な支援策を6つに分類していることもあるので、6分類の場合:

   5   技術革新


   6   地域

    が加わる。


  • POSTED at 2017年07月18日 (火)

無料相談受付中!まずはお電話ください!

TEL:053-453-5363

受付時間 平日9:00〜18:00

無料相談受付中!お問い合わせはこちらから

TEL:053-453-5363

受付時間 平日9:00〜18:00

阪上事務所の強み顧問先の声ヒデキの部屋【外部】阪上会計【外部】