事業譲渡は、契約により、会社の事業の全部または一部を他の会社に移転する手法である。 

サイト内検索ウェブサポ サポートページサイト管理画面

お知らせ

トップページ > お知らせ > 相続・事業承継対策  > 事業譲渡は、契約により、会社の事業の全部または一部を他の会社に移転する手法...

相続・事業承継対策 

 事業譲渡は、契約により、会社の事業の全部または一部を他の会社に移転する手法である。

分割や合併、自然人の相続のように権利義務を包括的に承継するのに対し、事業譲渡は売買契約に基づく取引行為である。

    事業譲渡では、必要とする資産や事業のみを手に入れられるが、それらを個別に移転する

 必要があるため、手続は合併よりも煩雑である。
 
  事業譲渡は、契約により、会社の事業の全部または一部を他の会社に移転する手法である。

 事業の分離という点においては、「 会社分割 」と類似し、事業の全部を譲渡する場合に

 は、「 合併 」と類似する。しかし、分割や合併、自然人の相続のように権利義務を包括

 的に承継するのに対し、事業譲渡は売買契約に基づく取引行為である。
 
 


  • POSTED at 2017年06月12日 (月)

無料相談受付中!まずはお電話ください!

TEL:053-453-5363

受付時間 平日9:00〜18:00

無料相談受付中!お問い合わせはこちらから

TEL:053-453-5363

受付時間 平日9:00〜18:00

阪上事務所の強み顧問先の声ヒデキの部屋【外部】阪上会計【外部】