29 税制改正 居住用超高層建築物、いわゆるタワーマンションに係る課税の見直しについて 

サイト内検索ウェブサポ サポートページサイト管理画面

お知らせ

トップページ > お知らせ > お知らせ  > 29 税制改正 居住用超高層建築物、いわゆるタワーマンションに係る課税の見...

お知らせ 

29 税制改正 居住用超高層建築物、いわゆるタワーマンションに係る課税の見直しについて

同じ建物の中でも不動産市場では資産価値が違うことがありますので、それに固定 資産の評価も連動させるということ

   固定資産税の評価についての変更はありませんが「 固定資産税の負担に

  ついて補正すること
により」負担にさをつけることになった。

   「 現行の税負担が1階と50階でそれぞれ20万円である場合、単純に

  補正率を適用すると、補
正後では1階が約18万円となり50階が約21万 

  円となる。


   「 市場価格はもっと差がついています。」

       ( ZEKEN 2017.3 土居 丈朗 慶応義塾大学教授稿 )


  • POSTED at 2017年10月17日 (火)

無料相談受付中!まずはお電話ください!

TEL:053-453-5363

受付時間 平日9:00〜18:00

無料相談受付中!お問い合わせはこちらから

TEL:053-453-5363

受付時間 平日9:00〜18:00

阪上事務所の強み顧問先の声ヒデキの部屋【外部】阪上会計【外部】