事業承継 オーナー社長の会社に対する貸付金解消法  

サイト内検索ウェブサポ サポートページサイト管理画面

お知らせ

トップページ > お知らせ >  経営承継円滑法と特例納税猶予 > 事業承継オーナー社長の会社に対する貸付金解消法

経営承継円滑法と特例納税猶予

事業承継 オーナー社長の会社に対する貸付金解消法 

役員貸付金の贈与:法人への貸付金は金銭債権であり、これを贈与することも可能。


   社長からその後継者に「役員貸付金」を贈与することが可能です。

 これにより、その贈与相当額が移転することになるが法人の貸借
対照表におけ

 る役員借入金はそのままで、その名義が変更されることになります。


  このため、勘定科目内訳書の作成において役員借入金の変更を失念しないよ

 う
留意する必要があります。

  貸借対照表は、次のとおり表示されます。

  貸借対照表 負債の部
 
   役員借入金(社長)
 
   役員借入金(後継者)

   (税経通信2017.04号 p48より)

  • POSTED at 2017年10月21日 (土)

無料相談受付中!まずはお電話ください!

TEL:053-453-5363

受付時間 平日9:00〜18:00

無料相談受付中!お問い合わせはこちらから

TEL:053-453-5363

受付時間 平日9:00〜18:00

阪上事務所の強み顧問先の声ヒデキの部屋【外部】阪上会計【外部】