29年度税法改正と承継税 3)贈与税の納税猶予の適用を受ける株式等について、相続時精算課税制度の適用が可能となります。 

サイト内検索ウェブサポ サポートページサイト管理画面

お知らせ

トップページ > お知らせ >  経営承継円滑法と特例納税猶予 > 29年度税法改正と承継税3)贈与税の納税猶予の適用を受ける株式等について、...

経営承継円滑法と特例納税猶予

29年度税法改正と承継税 3)贈与税の納税猶予の適用を受ける株式等について、相続時精算課税制度の適用が可能となります。

これにより、納税猶予が取り消されたときの納税額が相続税と同額となります。

     積極的に事業承継を行いたくても、納税猶予が取り消されると

 贈与税本税だけでも相当な課税がされますので、躊躇せざる
 
    を
得ない事例が多かったようです。そこで、猶予が取り消された

  きに相続時精算課税を使えるようにし、特別控除2500万
円と税

  率20%で贈与税を納税し、相続発生時に所要の計算を
し、結果、通常の相

  続があった場合の相続税と納税額の合計が
等しくなります。

 



  • POSTED at 2017年10月20日 (金)

無料相談受付中!まずはお電話ください!

TEL:053-453-5363

受付時間 平日9:00〜18:00

無料相談受付中!お問い合わせはこちらから

TEL:053-453-5363

受付時間 平日9:00〜18:00

阪上事務所の強み顧問先の声ヒデキの部屋【外部】阪上会計【外部】