事業承継税制の見直し ①雇用確保要件の計算方法の見直し 小規模な企業に配慮して、 その計算方法が見直されます。  

サイト内検索ウェブサポ サポートページサイト管理画面

お知らせ

トップページ > お知らせ >  経営承継円滑法と特例納税猶予 > 事業承継税制の見直し①雇用確保要件の計算方法の見直し小規模な企業に配慮して...

経営承継円滑法と特例納税猶予

事業承継税制の見直し ①雇用確保要件の計算方法の見直し 小規模な企業に配慮して、 その計算方法が見直されます。 

相続税・贈与税の申告期限の翌日から5年間における「 平均80%以上 」という雇用確保要件について、

今年度の改正からは、その端数を切り捨てて判定することとされます。

  例えば、相続時(贈与時)の従業員数が9人の場合には、9人×80%=

  7.2人となりますから→7人で判定されます。

 
  したがって、上例の場合、7人であっても要件を満たすこととなり、

  納税猶予が継続されることになります。

  • POSTED at 2017年02月20日 (月)

無料相談受付中!まずはお電話ください!

TEL:053-453-5363

受付時間 平日9:00〜18:00

無料相談受付中!お問い合わせはこちらから

TEL:053-453-5363

受付時間 平日9:00〜18:00

阪上事務所の強み顧問先の声ヒデキの部屋【外部】阪上会計【外部】