国際税務 国際取引を巡る消費税の取扱い1 「国外事業者との取引」「 国際取引の関連する課税仕入れ」の各場合 

サイト内検索ウェブサポ サポートページサイト管理画面

お知らせ

トップページ > お知らせ > その他の税務問題、トラブル集 > 国際税務国際取引を巡る消費税の取扱い1「国外事業者との取引」「国際取引の関...

その他の税務問題、トラブル集

国際税務 国際取引を巡る消費税の取扱い1 「国外事業者との取引」「 国際取引の関連する課税仕入れ」の各場合

 ※ 国内において行う取引であるかどうかの判定を内外判定といい、国際税務ではこの内外判定及び輸出免税の判断が重要。

 また、非課税取引のうち一定の輸出取引及び自己宛の輸出については、課税売上割

  合の
計算課税資産の譲渡等に係る輸出取引とみなす措置が講ぜられており、これらの

 判断も
避けられません。

   ● 国内取引→特定資産の譲渡等→課税転換取引→課税対象から除外→リバース

 チャージ
 
 ● 国外取引→課税対象外取引( 不課税取引ともいう )

  ● 特定課税仕入れ→課税取引→リバースチャージ



  • POSTED at 2018年09月15日 (土)

無料相談受付中!まずはお電話ください!

TEL:053-453-5363

受付時間 平日9:00〜18:00

無料相談受付中!お問い合わせはこちらから

TEL:053-453-5363

受付時間 平日9:00〜18:00

阪上事務所の強み顧問先の声ヒデキの部屋【外部】阪上会計【外部】