相続と所得税( 措置法)関係  「 空き家に係る譲渡所得の特別控除の特例 」 

サイト内検索ウェブサポ サポートページサイト管理画面

お知らせ

トップページ > お知らせ > お知らせ  > 相続と所得税(措置法)関係「空き家に係る譲渡所得の特別控除の特例」...

お知らせ 

相続と所得税( 措置法)関係  「 空き家に係る譲渡所得の特別控除の特例 」

被相続人の居住用家屋やその敷地に係る譲渡益から3,000万円控除できる制度

 「 空き家に係る譲渡所得の特別控除の特例」は、被相続人の居住用家屋や

  その敷地に係る譲渡益から3,000万円控除できる制度で、28年度改正に

  て創設された。


  この特例では、次の要件が必要となる。

  ① 一戸建てを相続した場合で、

       相続開始直前において被相続人が居住用していなければなりません。

  ② 昭和56年5月31日以前に建築されたもの

  ③ 売却価額(譲渡対価の額)が1億円以下

  ④ 敷地等を分割譲渡した場合には、全ての譲渡に係る合計額で判定

  ⑤ もし2回目以降の譲渡で、合計額が基準を超えたときには、最初の

   譲渡したもめも含め、全ての譲渡について適用不可となります。

  ⑥ 低額譲渡を含む「贈与」が含まれた(措令 措規)。

  ⑦ 相続開始直前において被相続人が単独で居住していた。

    → (注) 小規模宅地特例では老人ホーム入居でも適用が可能

                 (税務通信3405より)



  • POSTED at 2018年06月09日 (土)

無料相談受付中!まずはお電話ください!

TEL:053-453-5363

受付時間 平日9:00〜18:00

無料相談受付中!お問い合わせはこちらから

TEL:053-453-5363

受付時間 平日9:00〜18:00

阪上事務所の強み顧問先の声ヒデキの部屋【外部】阪上会計【外部】