グループ法人単体課税制度  事業上の関連はあまりなくても 

サイト内検索ウェブサポ サポートページサイト管理画面

お知らせ

トップページ > お知らせ > 事業承継 グループ法人税制 組織再編成 > グループ法人単体課税制度事業上の関連はあまりなくても

事業承継 グループ法人税制 組織再編成

グループ法人単体課税制度  事業上の関連はあまりなくても

兄と弟がそれぞれ別々の会社を支配しているときで、事業上の関連はあまりないというケース

兄がA社を完全支配し、弟がB社を完全支配している場合、


 A社は兄が、B社は弟がそれぞれ創業した会社であり、事業上の関連はあまり


 ないというケースでも。

 
 → A社とB社とは兄弟会社として「 完全支配関係 」があることになります。


    兄と弟とは、親族(血族2親等)に該当し、同族関係者に含まれることとなるため、

 
    兄と弟を含めて「 一の者 」という関係となります。

 
    双方の法人の創立の経緯や事業の関連性の有無は、完全支配関係の判定を


    するうえでは一切関係ありません。


  1) 実際の関係は → 別々ですが、 支配の関係はでは → 完全支配関係です。

    
       [兄 → 100% A社]

    
       [弟 → 100% B社]

 以上



  • POSTED at 2016年04月02日 (土)

無料相談受付中!まずはお電話ください!

TEL:053-453-5363

受付時間 平日9:00〜18:00

無料相談受付中!お問い合わせはこちらから

TEL:053-453-5363

受付時間 平日9:00〜18:00

阪上事務所の強み顧問先の声ヒデキの部屋【外部】阪上会計【外部】