グループ法人税制 特別の取引だけ適用されます 

サイト内検索ウェブサポ サポートページサイト管理画面

お知らせ

トップページ > お知らせ > 事業承継 グループ法人税制 組織再編成 > グループ法人税制特別の取引だけ適用されます

事業承継 グループ法人税制 組織再編成

グループ法人税制 特別の取引だけ適用されます

特定の資産を売買したとき & 寄付をしたとき 

● 特定の資産を売買したとき

● 寄付をしたとき


① 譲渡損益の繰延べ→益出し、損出し [ 株式の評価 → 不変 ]  
 
② 寄付金 → 寄付金の損金不算入 不動産の低額譲渡 

        → 個人を頂点にしたグループでは不可  
     
③ 受贈益 → 益金不算入益 → グループ法人間の貸借の相殺 

        → 個人を頂点にしたグループでは不可  
  

 ④ 受取配当の益金不算入 全額益金不算入 [ 株式の評価 →下がる]

したがって

 グループ法人単体課税が適用された場合 ケースによってはデメリット


 となるかもしれません。

● グループ法人間で資産を譲渡した場合


→その譲渡損益は繰り延べられることになり、

譲渡法人はその譲渡損益を所得に反映させることはできません

 ですから、

● 譲渡法人は、譲渡した後も → その譲渡資産の行方を管理しなければなりません。

そのため

● 譲渡法人は、その資産の状況について、→ 継続的に譲受法人と情報のやりとり

  を余儀なくされます。

 また、

● グループ法人単体課税制度の適用は、→完全支配関係にある法人間の取引に対

  して適用され → その完全支配関係が維持されているかどうかを常に

 確認し続け
なければなりません。

→ 親法人と子法人の情報の交換が不可欠となり、

→事務等の負担が増える可能性があります。


   
   



  • POSTED at 2016年03月03日 (木)

無料相談受付中!まずはお電話ください!

TEL:053-453-5363

受付時間 平日9:00〜18:00

無料相談受付中!お問い合わせはこちらから

TEL:053-453-5363

受付時間 平日9:00〜18:00

阪上事務所の強み顧問先の声ヒデキの部屋【外部】阪上会計【外部】