グループ法人単体課税が適用された場合のデメリットはどのようなものですか。 

サイト内検索ウェブサポ サポートページサイト管理画面

お知らせ

トップページ > お知らせ > 事業承継 グループ法人税制 組織再編成 > グループ法人単体課税が適用された場合のデメリットはどのようなものですか。

事業承継 グループ法人税制 組織再編成

グループ法人単体課税が適用された場合のデメリットはどのようなものですか。

グループ法人間で資産を譲渡しても→その譲渡損益は繰り延べられることになり、→譲渡法人はその譲渡損益を所得に反映させることはできません。

● グループ法人間で資産を譲渡しても

→その譲渡損益は繰り延べられることになり、

→ 譲渡法人はその譲渡損益を所得に反映させることはできません。

 ですから、

● 譲渡法人は、譲渡した後も→その譲渡資産の行方を管理しなければなりません。

そのため

● 譲渡法人は、その資産の状況について、→継続的に譲受法人と情報のやりとりを

  余儀なくされます。

 また、

● グループ法人単体課税制度の適用は、→完全支配関係にある法人間の取引に対して適用

  →その完全支配関係が維持されているかどうかを常に確認し

   続けなければなりません。

 
  → 親法人と子法人の情報の交換が不可欠となり、

  → 事務等の負担が増える可能性があります。

            (sokuzei2010.8.11より)



  • POSTED at 2016年02月05日 (金)

無料相談受付中!まずはお電話ください!

TEL:053-453-5363

受付時間 平日9:00〜18:00

無料相談受付中!お問い合わせはこちらから

TEL:053-453-5363

受付時間 平日9:00〜18:00

阪上事務所の強み顧問先の声ヒデキの部屋【外部】阪上会計【外部】