グル-プ法人間で→資産を譲渡→益が生じた場合、→ 譲渡法人はその含み益に対する課税を避けるととができます。 

サイト内検索ウェブサポ サポートページサイト管理画面

お知らせ

トップページ > お知らせ > 事業承継 グループ法人税制 組織再編成 > グル-プ法人間で→資産を譲渡→益が生じた場合、→譲渡法人はその含み益に対す...

事業承継 グループ法人税制 組織再編成

グル-プ法人間で→資産を譲渡→益が生じた場合、→ 譲渡法人はその含み益に対する課税を避けるととができます。

グループ法人間で資産の贈与(寄附)を行った場合

● グル-プ法人間で→資産を譲渡→益が生じた場合

  → 譲渡法人はその含み益に対する課税を避けるととができます。

● グループ法人間で資産の贈与(寄附)を行った場合

→贈与(寄附)を受けた法人の受贈益は課税されないことになります。

→ 贈与( 寄附 )を受けた法人の受贈益は課税されないことになります。



以下 ヒデキの部屋 2010/7/28


http://d.hatena.ne.jp/sakagami-k/20100728/1280272950

   「100%グループ内の寄附について支出側で全額損金不算入、受領側で全額益金不算入とする」


   制度の適用については、その法人間の寄附が、個人株主相続税に影響を与えないことに留

   意しましょう。

  
    したがって、個人を頂点に100%保有の法人が“縦"に連なる関係(「個人→親法人→子法人」等


  
   の100%グループ)においては、法人間の寄附が個人株主相続税に影響を与えないことから、


  
   グループ法人税制の寄附に関する規定の適用されます。


   寄附の適用の有無

   
   →  グループ全体で判断しない

 
   →  個人株主間の贈与と同様の状況 → × 寄附修正不要

 
   →  寄附をした法人間をひとつのくくり → ○ グループ法人税


   
   制度の対象


     個人

 

     ↓  →   寄附修正不要

 

    S1 ( 100%完全支配関係の法人 

 

      ↓ →  制度の対象

 

    S2  ( 100%完全支配関係の法人 

   

    国税庁

   →   平成22年度税制改正に係る法人税質疑応答事例( グループ法人税制関係 )( 情報 )                                            


      (sokuzei2010.8.11より)



  • POSTED at 2016年02月04日 (木)

無料相談受付中!まずはお電話ください!

TEL:053-453-5363

受付時間 平日9:00〜18:00

無料相談受付中!お問い合わせはこちらから

TEL:053-453-5363

受付時間 平日9:00〜18:00

阪上事務所の強み顧問先の声ヒデキの部屋【外部】阪上会計【外部】