事業承継 グループ法人税制→ 完全支配関係法人税制→ 一の者が個人である場合 も完全支配関係が成立すれば   

サイト内検索ウェブサポ サポートページサイト管理画面

お知らせ

トップページ > お知らせ > 事業承継 グループ法人税制 組織再編成 > 事業承継グループ法人税制→完全支配関係法人税制→一の者が個人である場合 も...

事業承継 グループ法人税制 組織再編成

事業承継 グループ法人税制→ 完全支配関係法人税制→ 一の者が個人である場合 も完全支配関係が成立すれば  

一の者が個人=株主等の親族 でも適用される場合があります。

   ※ 適用手続  強制適用とされ、選択制とはされていませんので適用

   手続はありません。

 ※ 納税はグループ法人それぞれが単体で納税主体となります。

   連結納税のように連帯納付責任を負いません。


( 以下は、2016/5/17のお知らせ記事です。)

 「 グループ法人間で資産や資金を移動させても、支店

 間の移動と同様に考えて課税しない 」という考えです。  


1 総説
  
 「 今日の経済社会においては、種々の理由から 」

  法人企業のグループ化の程度については、「 緩い結合から

    固い結合まで種々の段階があ 」りますが、それが一定の程

  度をこえると、「 中核企業によるグループ全体

 の一体的管
理・運営が顕著とな 」ります。

  (租税法金子宏著21版 弘文堂刊)

   このような一体的管理・運営の促進は、「 経済政策の観点

  からみて、企業活動の活性化や円滑化、さら

 には企業の国際
的競争条件の強化・改善

 のためにも必要である 
」ことから、このような一体

  的管理・運営の行われている企業グループについて、「 税

 制
面で一体的取扱いをすることは、必ずし

 も不合理では 」ありません。
 また、それは、「 企

 業のグループ化
によって可能となる租税回避に対処

   するためにも有効である
場合が少なく」ありません

  (引用:租税法金子宏著21版 弘文
堂刊)


   ・ グループ法人税制は、経済産業省が、「 最近は法人のグル

  ープ経営が進んでいる。税制もそれ
に対応しな

 ければならない 」
 というところから出発し、中立

 的な税制の整備が図られてきました。


・  
簡単にいえば、「 グループ法人間で資産や資金を移動させて

 も、支店間
の移動と同様に考えて課税しない 」
という考えです。

   それに財務省の、「 包括的な規定では防止しにく

  い租税回避行為を防止
する目的 」とが合体して

  生まれたといわれています



  • POSTED at 2017年09月30日 (土)

無料相談受付中!まずはお電話ください!

TEL:053-453-5363

受付時間 平日9:00〜18:00

無料相談受付中!お問い合わせはこちらから

TEL:053-453-5363

受付時間 平日9:00〜18:00

阪上事務所の強み顧問先の声ヒデキの部屋【外部】阪上会計【外部】