事業承継対策 

サイト内検索ウェブサポ サポートページサイト管理画面

お知らせ

事業承継 グループ法人税制 組織再編成

事業承継対策

事業承継問題は、日本の社会経済の歴史上の一時期を形づくる問題になると考え、

 ・事業承継問題は、我が国企業経済の歴史的大問題になると考え、私どもの事務所も数年前から本格的に取り組む

  べき課題にしています。
 
 ・ 向こう5年以内に大部分の中小企業が世代交代するといわれており、企業のオーナーにとって事業承継は避ける

   ことのできない
課題となってきています。
 
    特に対策もないままに相続となってしまうと、事業の混乱、経営権争い、相続税といった難問が、相続人や従業員

   に一挙に
降りかかってきます。
 
  ・ 後継者へのスムーズな事業承継は、至上命題といっても過言ではありません。
 
    ところが、「 中小企業の半数以上は後継者不在 」 と報道されています。
 
  ・  後継者不在の理由の一つ目には、「 少子化に伴って事業を承継すべき子供が少なくなっていく 」ことが挙げられます。

  ・  二つ目には、「 子供がいても事業を継がない 」ことが挙げられます。高学歴でこそできる仕事、海外事業やグローバル

     な一見華々しく
みえる仕事、才能を伸ばせると思われる仕事、あるいは楽に稼げそうにみえる仕事などなど、仕事の選択

     肢は数多く、親父の地味な仕事など
継ぐものか 」というのもよく分かる気がします。
 
  ・  三つ目は、子供がいても事業を継げないことが挙げられます。「 事業を継がないのではなく継げない 」のです。さまざま

     な局面で規制
緩和が容赦なく進展し、「 世の中の流れも価値観もついていけないくらい極端に変化し、企業の7割以上

     が赤字で、企業の平均寿命
が10年以下 」といわれるような先行き不安の厳しい経済環境の下、事業を維持するには

    「 創業者以上の能力・力量が必要な時代 」
なのです。

  ・ 事業を継がせても果たして「 家族や多くの従業員、取引先の生活を守さり抜いていくことができるのか。 」 むしろ 「 か

    わいい息子を苦難のるつぼに放り込むことになってしまう 」かもしれません。


  ・ それでも、企業のオーナーは事業承継から逃れることはできません。適格な子息子女がいない場合には、どうすればよい

    でしょうか。とりあえず親族の中から適当な中継ぎを探すか、従業員の中の適当な者に任せるか。それとも流行のM&A

   ( 第三者への承継 )でいくか。M&Aの場合、そもそもどうやったらうまくやれるのか。屋号( のれん )や家族、従業員、取引

    先はどうなるのか。あるいは思い切って廃業の道を選択するのか。

  • POSTED at 2016年01月12日 (火)

無料相談受付中!まずはお電話ください!

TEL:053-453-5363

受付時間 平日9:00〜18:00

無料相談受付中!お問い合わせはこちらから

TEL:053-453-5363

受付時間 平日9:00〜18:00

阪上事務所の強み顧問先の声ヒデキの部屋【外部】阪上会計【外部】