「 他人の個人番号を見てはいけない」わけではない マイナンバーと個人情報漏えい? 

サイト内検索ウェブサポ サポートページサイト管理画面

お知らせ

トップページ > お知らせ > フィンテッック マイナンバー   > 「他人の個人番号を見てはいけない」わけではないマイナンバーと個人情報漏えい...

フィンテッック マイナンバー  

「 他人の個人番号を見てはいけない」わけではない マイナンバーと個人情報漏えい?
これは重要なポイントと問題提起。


  →「 視認性 」とは、

  → 政府の資料には


        →  『 民 →民 →官』 (流通)( 利用可能 )。


             → 「これが想定している典型的な場面は、従業員が個人番号を会社に提供して、会社が行政機関



               に個人番号が書かれた書類を提出する場面です。」



              → 「 従業員 → 会社 」 「 会社→行政機関 」を


                 つなげた→ 「従業員 →会社 →行政機関 」の関係
  
                              
                                                                   ↓ 


    つまり                         「 民一 民 一 官 」

             → 「  このとき、従業員から会社、会社から行政機関へと個人番号が伝わる際に、個人番号が見える形で


              流通することは、制度として予定されています 。 」


             ( 影山広泰弁護士著 マイナンバー制度 実業之日本社を参照 )

  • POSTED at 2016年12月13日 (火)

無料相談受付中!まずはお電話ください!

TEL:053-453-5363

受付時間 平日9:00〜18:00

無料相談受付中!お問い合わせはこちらから

TEL:053-453-5363

受付時間 平日9:00〜18:00

阪上事務所の強み顧問先の声ヒデキの部屋【外部】阪上会計【外部】