番号法上の委託と税理士の実務 

サイト内検索ウェブサポ サポートページサイト管理画面

お知らせ

トップページ > お知らせ > フィンテッック マイナンバー   > 番号法上の委託と税理士の実務

フィンテッック マイナンバー  

番号法上の委託と税理士の実務

・ 税理士は、事業者 (顧問先 )から「 源泉徴収票作成事務 」や「 支払調書作成事務 」などの

 「 個人番号関係事務 」の委託を受けることとなるため、番号法上の委託に関する規定について

 注意が必要となる。


・ 「 番号法 」においては、「 個人番号関係事務 」の委託をする者は、その委託に係る「 個人番

  号関係事務 」において取り扱う特定個人情報の安全管理が図られるようその委託を受けた者に

  対する必要かつ適切な監督を行わなければならない( 番号法11 )

  では、番号法11条とは、

( 委託先の監督 )

  第11条  個人番号利用事務等の全部又は一部の委託をする者は、その「 委託に係る個人番号利用事務

  等において取り扱う特定個人情報の安全管理が図られるよう、その委託を受けた者に対する必要かつ適切な

  監督を行わなければならない。 

    となっています。
 



  • POSTED at 2016年12月13日 (火)

無料相談受付中!まずはお電話ください!

TEL:053-453-5363

受付時間 平日9:00〜18:00

無料相談受付中!お問い合わせはこちらから

TEL:053-453-5363

受付時間 平日9:00〜18:00

阪上事務所の強み顧問先の声ヒデキの部屋【外部】阪上会計【外部】