国際税務 : 「 居住者 」対「 非居住者 」/「 内国法人 」対「 外国法人 」/「 住所 」対「 居所 」/「 永住者 」と「 非永住者 」 

サイト内検索ウェブサポ サポートページサイト管理画面

お知らせ

トップページ > お知らせ > その他の税務問題、トラブル集 > 国際税務:「居住者」対「非居住者」/「内国法人」対「外国法人」/「住所」対...

その他の税務問題、トラブル集

国際税務 : 「 居住者 」対「 非居住者 」/「 内国法人 」対「 外国法人 」/「 住所 」対「 居所 」/「 永住者 」と「 非永住者 」

・ 法人については、「 外国法人 」が「 非居住者 」に該当する概念ということにな ります。


・ 「 住所 」とは各人の『生活の本拠』をいい、国内に『 生活の本拠 』」があるかどうかは、


   客観的事実によって判断することになります。


・  「 居所 」とは、その人の『生活の本拠』というには至りませんが、その人が現実に 居住し


   ている場所のことです。

 ※ 「 居住者 」のところが、「 永住者 」と「 非永住者 」に分かれています。 私たちのように、

    普通に日本で働いている日本人は「 ( 日本の )永住者 」ということになります。「 非永住者 」

    とは、、「 過去 」10年以内」の滞在状況について考えます。この「過去10年以内」という条件は、

    税金逃れを防止するために、後から追加されたものです。
 



  • POSTED at 2015年05月07日 (木)

無料相談受付中!まずはお電話ください!

TEL:053-453-5363

受付時間 平日9:00〜18:00

無料相談受付中!お問い合わせはこちらから

TEL:053-453-5363

受付時間 平日9:00〜18:00

阪上事務所の強み顧問先の声ヒデキの部屋【外部】阪上会計【外部】