がん保険を個人契約( 法人契約と比較 )によった場合の有利不利    

サイト内検索ウェブサポ サポートページサイト管理画面

事務所案内

トップページ > 事務所案内 > がん保険を個人契約( 法人契約と比較)によった場合の有利不利

がん保険を個人契約( 法人契約と比較 )によった場合の有利不利   

どちらが税務上有利か

●法人契約は

 →支払保険料=1/2損金算入(=ハーフタックス)

 →給付を受けたとき→雑収入

 →個人には、見舞金( 社会通念上の額 )

● 個人契約は

 →支払保険料→生命保険料控除が受けられるのみ

 →給付を受けたとき非課税[ VS 法人の場合は見舞金のみ]

 ( になりますが )

 →支払った医療費に→医療費控除の適用を受ける場合において、保険特約から医療費の補填


  を目的として支払を受ける医療保険金又は入院費給付金等を受け取った場合には、支払った

  
  医療費の額から控除します。

  
 ・ 個人契約も場合によっては、選択されてもいいかもしれません。
 


無料相談受付中!まずはお電話ください!

TEL:053-453-5363

受付時間 平日9:00〜18:00

無料相談受付中!お問い合わせはこちらから

TEL:053-453-5363

受付時間 平日9:00〜18:00

阪上事務所の強み顧問先の声ヒデキの部屋【外部】阪上会計【外部】