事業承継税対策 贈与税の納税猶予の適用を受ける株式等について、母親の株式が相当数残ってしまう場合。   

サイト内検索ウェブサポ サポートページサイト管理画面

お知らせ

トップページ > お知らせ >  経営承継円滑法と特例納税猶予 > 事業承継税対策贈与税の納税猶予の適用を受ける株式等について、母親の株式が相...

経営承継円滑法と特例納税猶予

事業承継税対策 贈与税の納税猶予の適用を受ける株式等について、母親の株式が相当数残ってしまう場合。  

子供の兄弟に贈与された株式を集約する場合

  これも.従来、事業承継のネックとなっていた点です。父親の株式は移転した

 ものの、母親の株式が相当数残ってしまう場合。

 
 この制度を使って子供の兄弟に贈与された株式を集約するという手段も考え

 られます。過去には、子供は平等にと思って、自社株の贈与を複数の子供に

 行っていた事例は多々あります。後継者が決まった時点で、他の子

 供が保有する株式をどうするのか。


  • POSTED at 2018年04月25日 (水)

無料相談受付中!まずはお電話ください!

TEL:053-453-5363

受付時間 平日9:00〜18:00

無料相談受付中!お問い合わせはこちらから

TEL:053-453-5363

受付時間 平日9:00〜18:00

阪上事務所の強み顧問先の声ヒデキの部屋【外部】阪上会計【外部】