事業承継税対策 納税猶予の適用 特例承継計画の提出 

サイト内検索ウェブサポ サポートページサイト管理画面

お知らせ

トップページ > お知らせ >  経営承継円滑法と特例納税猶予 > 事業承継税対策納税猶予の適用特例承継計画の提出

経営承継円滑法と特例納税猶予

事業承継税対策 納税猶予の適用 特例承継計画の提出

新事業承継税制の適用を受けるためには、平成35年3月31日までに都道府県に対して「特例承継計画」を提出する必要があります。

 提出にあたっては別紙として「認定計画革新等支援機関による所見等」

 により、後継者が株式等を承継した後5年間の経営計画等について、

 認定計画革新等支援機関による所見を添付する必要があります。


 つまり、「「特例承継計画」の提出にあたっての準備としては、承継後5年間の経営
計画の策定と、

     認定計画革新等支援機関に所見を依頼することであります。なお、認定計画革新等支援機関とは、税務や

  財務に関する専門知識を持っている税理士、公認会計士、弁護士等で国が認定したものに限られます。


  • POSTED at 2018年05月24日 (木)

無料相談受付中!まずはお電話ください!

TEL:053-453-5363

受付時間 平日9:00〜18:00

無料相談受付中!お問い合わせはこちらから

TEL:053-453-5363

受付時間 平日9:00〜18:00

阪上事務所の強み顧問先の声ヒデキの部屋【外部】阪上会計【外部】