経営革新計画が都道府県知事などから承認された場合、低利融資などの支援措置を申し込むことができます( 別途審査あり )。 

サイト内検索ウェブサポ サポートページサイト管理画面

お知らせ

トップページ > お知らせ > 中小企業経営・政策 > 経営革新計画が都道府県知事などから承認された場合、低利融資などの支援措置を...

中小企業経営・政策

経営革新計画が都道府県知事などから承認された場合、低利融資などの支援措置を申し込むことができます( 別途審査あり )。

経営革新計画の承認基準には、付加価値額の伸び率と経常利益の伸び率があり、計画年数によって両方の指標が一定率伸びる必要があります。

 付加価値額=「 営業利益 + 人件費 + 減価償却費 」、
 
   経常利益=「 営業利益 - 営業外費用 ( 支払利息等 )」
 
     と定義されます。
 

概要
 「 経営革新の支援 」は、中小企業等経営強化法の主な支援策の一つです。
 
 中小企業が新事業活動をする計画( 経営革新計画 )を策定し、その計画が都道

 府県知事や国から承認されると、低利融資や信用保証の特例などの支援を申

 し込むことができます( 別途審査あり )。


 【経営革新支援の流れ】
 
ステップ主体(誰が)
 
 1 基本方針策定

    ↓
 2 中小企業・任意グループ等
        ↓
 3 経営革新計画の申請  → 申請先・都道府県or国
         ↓
 4 経営革新計画の承認  → 都道府県or国が承認
        ↓
 5. 支援措置の活用(※支援機関ごとに審査あリ)


  • POSTED at 2017年07月19日 (水)

無料相談受付中!まずはお電話ください!

TEL:053-453-5363

受付時間 平日9:00〜18:00

無料相談受付中!お問い合わせはこちらから

TEL:053-453-5363

受付時間 平日9:00〜18:00

阪上事務所の強み顧問先の声ヒデキの部屋【外部】阪上会計【外部】